ゆきりんチャンネル

IMG_20151118_200329[1]

水曜日20時~

生放送4回目 ⇒ ゆきりんチャンネルはじまりました。
高校生のテンポのいい音楽紹介番組・・必見!!
毎週水曜日、今日は生放送日です。
応援団が取り囲んで放送開始。
来週は今日の再放送です、聞き逃した皆様お楽しみに。
PM8時~30分です

愛称決定!

はちまるごたんば!
 
周波数80.5MHzから「80.5」を市民の方々へわかりやすく、覚えていただきやすく、「はちまるご」と読みます。
「たんば」でどこのエフエム放送局か、が分かりやすく伝わるように。
 
ロゴなどはこれから決定していきますので、取り急ぎひらがな表記にてご案内します。
 
はちまるごたんば!
末永くみなさんから愛されるエフエム局になりますように。

エフエム805 2015秋まつり 開催中

IMG_20151115_110539[1]

2015年11月15日(日曜日)11時イベント開始とともに雨がやみ青空が出てきました。準備中の雨がよいお湿りとなりました。

開店すでに来客、餅つき、焼きそば、タイ焼きと順調な仕上がりに青空のもとで楽しくにぎやかにお話も弾んでいます。

11月に開局2カ月を迎えます。
日ごろは皆様から温かいご支援をいただきありがとうございます。
リスナーの方からのリクエストやお便りが増えてきており、スタッフ一同嬉しく思っています。
さらに、みなさまに身近なエフエムを実感していただけるよう、日ごろの感謝を込めて 『秋まつり』を開催中です。

このあと『愛称』発表やスタジオ見学、放送体験、グルメコーナー等、様々な形で楽しんでください。

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。
秋まつり

愛称募集受付終了しました!

たんばコミュニティエフエム『愛称』募集、11/10(火)24:00をもって
受付終了いたしました。

120通を超えるご応募をいただきました。
たくさんのご応募ありがとうございます!!

選考結果につきましては、今週末15日(日)秋まつり番組内にて発表いたします。
秋まつり会場へお越しいただける方、ラジオを通して番組を聴いて下さる方、お楽しみに!!

 

第3回番組審議会 議事録

平成27年11月5日
平成27年第3回番組審議会 議事録
たんばコミュニティエフエム
日 時 : 平成27年10月30日(金)19:30~21:00
場 所 : たんばコミュニティエフエム市辺スタジオ
出席者 : 番組審議委員 総委員数 9名
出席委員数5名 深田俊郎 委員長、高見さおり 委員、
畑中弥生 副 委員、足立友宏 委員、
瀬畑佐智 委員
放送事業者   局長 足立、事務局 川浦、高谷

議 題
1) 前回審議会以降の概況報告(放送局)
2) 現在の放送番組について感想・意見交換(各委員)
3) 今後の取組、番組について(放送局)
4) 次回番組審議委員会の開催日時について
5) その他連絡事項

議事の概要

・局長 足立より、現在の概況報告(別紙「番組審議会資料」参照)
・コミュニティ放送局再免許取得について局長より報告
2カ月に一度は審議会を開催し、各委員には2年間の任期を依頼
・リスナーとして視聴した感想と、パーソナリティとして番組づくりを体感している審議委員の率直な感想や
意見を交換し、改善ポイントを話し合った

審議事項

①「愛称募集」に対する意見交換
・1日に4~5通ほど、リスナーより応募が届いている状況。現時点で35点応募がきている。

・商標登録について確認すること
・「丹波」や「栗」から離れた全然関係ないネーミングも、インパクトがあり面白いのでは?
・市外、県外からの応募もあるのが不思議。丹波で親しまれ定着するネーミングがつくようにしたい

「秋祭り案内」に対する意見交換
・現在放送内で案内している募集内容が受け取り手によって違う捉え方なのでは?
→七五三メッセージについて、当日20名先着とあるが、事前に応募者を確保している方がいいのでは?
→音源提供会についても、CD持参後、返却するのかしないのかを明確にした方がいいのでは。

②放送中の番組内容についての感想、意見交換
・時間ごと(15分ずつ)にコーナー区切りされており、進行がスムーズになった印象を受けた。
聴き心地がよくなった。
・こなれてきており、聞き手側としても次にくる話題がつかめるので安心感が出てきた。
・時々、放送中の音量トラブル(音量が小さい、カフが上がっていないのでは?)がある。
番組審議委員として、放送中のトラブルなどをチェックするよう心掛けているが、市民ボランティア等で
非公式監視委員(モニター的な)を設置してみてはどうか。
・40~50代の年齢層の人が聴いていて、聴きやすいという意見をきく。
・地域に愛着が深い高齢者がリスナーになっていただければ、さらに視聴者が広がるのではないか。
・ラジオ設定(チューニング)ができない、難しいという声がある。ラジオ受信指導など検討してはどうか。
→音安定の工夫、コツやチューニング講座など
→車内ではスマートフォンの充電していると電波受信が悪くなるようだ。

③今後の番組づくりや視聴者・応援団獲得に向けて
・インターネット放送要望への対応について
→丹波市内の難聴地域対策として、インターネット放送を検討している。
・災害時に起動するかどうかの確認はどのように考えているのか?
→スタジオ~アンテナまでの回線が確保できていれば、放送できる。
スタジオや事務所の床面に配線しているので、床下浸水時は注意が必要。
→他災害時の事例でもあるように、インターネット放送の方が災害時に強いように思う。
・ふるさとの歌や祭り、酒杜氏の番組がとても好評と聞いている。
→今後も地域の話題をピックアップした番組づくりを心がけたい。
・ショッピングセンターで放送が流れるようになるのが目標
→床屋さんといった長時間滞在するところで放送を聴いていただく交渉も有効なのでは?
・25校区、各小学校で10分間ずつ程の番組を制作できれば、地域らしさが出て、児童の親や祖父母と
家族の広がりで聴いていただける放送ができるのでは?
・青少年の主張といった取り組みも収録等で放送してみてはどうか?

③次回審議委員会開催は平成27年11月30日に行うことで全員承認され、第3回番組審議会を閉会した。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置
特になし

審議機関の答申または意見の概要の公表
事務所に備置き 平成27年11月4日
ホームページに掲載 平成27年11月5日

その他の参考事項
特になし