台風19号接近注意

おはようございます2014/10/12(土)朝7:30の丹波市災害FM放送より

朝7時の風景、前山コミセンから前山小学校を望む

IMG_20141012_070524[1]

13日~14日にかけて丹波市にもっとも接近すると思われる、大型で強い台風第19号は、12日6時には奄美大島の西南西約210kmにあって、北北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

今日は前山コミセンのボランティアの人数が多いようで朝の生放送終了時には前山コミセン前の駐車場が満杯となりそれぞれの作業現場へ移動されています。

なお明日10/13(月)祝日は台風19号接近によりボランティア活動は中止ですご注意ください。

本日9時前の作業道具を運ぶボランティアのみなさん。

IMG_20141012_084818[1]

IMG_20141012_084823[1]

台風19号の影響で各地でのイベントが中止となっていますのでご注意ください。

台風接近時の注意
http://emg.yahoo.co.jp/sokuho/column/typhoon/

台風18号

おはようございます
丹波市災害FM放送は台風18号の接近により24時間放送を行いました。10/6(月)3時ごろからの大雨と暴風により暴風警報が発せられましたが、5時過ぎ解除されました。現在は大雨、雷、強風、洪水注意報が出ていますのでひき続き注意が必要ですが、車で前山地区を回ってきましたが道路からは異常は見受けられませんでした。

丹波市内の小中学校は警報解除で通常の授業となっています、気をつけて登校してください。

まだ時折窓ガラス窓にも雨が叩きつけられていますので通勤通学には十分ご注意ください。

昨夜も地元の公民館にて不安一夜を過ごされたかたもおられ。夜間毛布を地区役員さんが前山コミセンに取りに来られました。
大雨のたびに心をよぎる不安はなかなか消えません。

806b

辻市長、災害FMラジオに出演

【辻市長、災害FMラジオに出演】

9月17日に開局しました臨時災害放送局(FM局)は、被災者の方へのきめ細かな情報提供で好評を得ています。
開局から10日あまりが経過した今日28日、辻市長が生出演し災害状況や復興支援について直接リスナーのみなさんに報告しました。

10653825_711767075576687_560946239998159810_n

丹波市 facebookより転載

丹波市災害FM放送局

2014/8/17(水)無線局免許がおり午後7時より放送開始

たんばしさいがいエフエムは、放送法第8条に規定する臨時災害放送局で、臨時かつ一時の目的のための放送で「暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減するために役立つこと」を目的とする放送を行う放送局で2014/8/16・17(土・日)の豪雨災害を受け開局しました。

スタジオは市島町前山(いちじまちょうさきやま)コミュニティセンターを演奏所に市島町横峰山(高谷山)から電波を出しています。

周波数 80.6MHz 15W

スタッフによる放送を行っていますが、マイクを持って話して頂ける「パーソナリティ」や地域情報を伝えてくれる「地域通信員」を急募しております、経験の有無に関係なくお申し出ください。
(交通費、時給は出ません、無給なので手弁当でご支援いただける方にお願いいたします。)

 

サイマルラジオ放送を聞く

806a

開局スケジュール

2015年1月開局に向けて

2014年1月~9月 開局基本設計
事業計画策定・計画書作成 ⇔ 総務省総合通信局と打合せ
9月 免許申請
12月 予備免許
2015年1月 放送開始

SANYO DIGITAL CAMERA

諸般の事情で少し延期

当初予定の免許申請時に丹波市豪雨災害が(2014年8月17日)発生し「丹波市臨時災害FM放送局」の運営に全力を注ぎましたので開局が2015年7月にずれて進行しております。

この臨時災害FM放送局を立ち上げ運営したことにより地域情報を伝える使命がコミュニティFM局の真髄であることを再認識させていただきました。
さらに放送は人のつながり本当のコミュニティを作り上げる大切な道具であり人が集まらなければ出来ないことを痛感しました。
ご協力いただきました皆様に感謝するとともに 市民の誰もが気軽に利用でき役に立つ空気のような生活に溶け込んだ放送局を作らないと意味が無いこともわかりました。
奇想天外だが納得のいく丹波ならではの田舎のほのぼのとした内容で、いざという時は頼りになる存在に育てていきましょう。

 

スタッフ養成講座

スタッフ養成講座のご案内

NPO法人たんばコミュニティネットワークでは丹波コミュニティ放送(FM放送局)の開局に向けて、ボランティアスタッフ並びに地域通信員の養成を目的にした連続講座、「丹波コミュニティ放送運営スタッフ養成講座」を開催いたします。

⇒ スタッフ養成講座詳細と申込書へリンク

 

パーソナリティ募集

2015年の開局に向けて、市民パーソナリティを募集しています
ラジオ放送局のお手伝い初めてみませんか

平成27 年開局を目指す丹波コミュニティ放送(仮称)は、「みんなでつくる、みんなのラジオ!」として、丹波市内の皆さんへ様々な情報を発信していきたいと思います。
そこでこの度、ラジオ放送局の番組制作や運営を中心に、「あなたの声、あなたの想いを私たちがお届けしますよ~」ってボランティアでお手伝いいただける方を募集しています。
「え~っ!私、マイクで喋るの苦手なんだけど…」「番組制作って初めてですが…」
大丈夫です!もちろん、技術指導もいたします。また、お手伝いはアナウンサーやパーソナリティだけでなく、放送番組の企画や制作、放送技術の担当業務、CD などの音楽素材のご寄付など、いろんなお手伝いをいただきたいと思っております。
丹波市で初めての本格的なラジオ放送局をみんなの手でつくります・・・その運営にあなたのお力をお貸しください!みなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

丹波コミュニティ放送

詳細は参照願います ⇒ チラシ協力者募集3

 

2014/3/2(日)お披露目会

NPO法人 たんばコミュニティネットワーク設立記念イベント
「みんなでつくろう、みんなのラジオ!
つながるラジオ・・・はじまるよ!」

丹波市で初のラジオ放送局開局に向けて、NPO法人たんばコミュニティネットワークが平成25年12月に設立されました。このラジオ放送局は、市民がみんなでつくる、みんなのラジオ・・・番組の制作から、パーソナリティや出演者、技術スタッフまでを市民の力でつくりあげていく私たちの放送局です。そのお手伝いをするのが、NPO法人になります。

このイベントでは、実際にラジオ放送局のサテライトスタジオを会場につくり、模擬放送をお聴きいただきます。特に、ゆめタウン内の専門店の関係者に出演してもらう「お店や商品の紹介コーナー」を中心に、販売促進にも貢献いたします。

開催時の様子、イベントを知らずに訪れたお客様には暖かい応援の言葉をいただきありがとうございました。

1798671_610815532321969_921407064_n

IMG_20140302_131357

IMG_20140302_151624

◆お披露目会の進行は以下の予定で進みました、見学ありがとうございました。

平成26年3月2日(日)
第1回・・・13:00~14:00
第2回・・・15:00~16:00
(応援受付コーナーのみ、13:00~17:00)

◇場所:  ゆめタウン氷上店 ゆめ広場
(株式会社タンバンベルグ)

◇内容:

① オープニング                ・・・ 1分
② ごあいさつ(理事長の挨拶)        ・・・ 3分
③ 開局までの計画説明(画像と音声)  ・・・ 5分
④ あなたもパーソナリティ!(プロの指導による講習)・・・15分
⑤ ゆめタウンのお店紹介(2店程度)   ・・・20分
⑥ エンディング                ・・・ 1分
⑦ その他(チラシ配布や個別説明)    ・・・15分
※応援受付コーナー(説明、受付、チラシ配布)  ・・・随時

SANY0016

写真は2013年の田植えイベントでの実況放送の様子です、ustreamでも流しました。

丹波市で唯一のコミュニティエフエム