厄神大祭にて模擬FM放送局の開設

2/17・18(火・木)丹波市柏原町、厄神大祭、八幡さん鳥居の前で模擬FM放送局の開設と丹波市災害FM放送局の様子をパネル展示しました。
2/17(火)は午後晴れ間が覗きましたので夜の参拝が増えるかなと思っていましたが夕方から雨が降り出し、足元の悪い中ブースにもお立ち寄りいただきありがとうございました。
18(水)は夜の雨も上がりましたので厄払いにお越しの際はお立ち寄りください。

IMG_20150217_205626

IMG_20150217_205946

IMG_20150217_210201

IMG_20150217_210033

丹波市災害FMの記録

IMG_20141116_154335丹波市臨時災害FM放送は2014/11/30にて閉局いたしました、ご協力ありがとうございました。

どんな放送してたの?お問い合せいただきました。
記録の中からすこしアップしました1時間の番組を選んでお聴きください。

2014/9/19(金)17:30~の放送の様子です
2014/9/25(木)7:30~の放送の様子です
2014/10/1(水)12:00~の放送の様子です
2014/10/7(火)17:30~の放送の様子です
2014/10/13(月)7:30~の放送の様子です
2014/10/19(日)12:00~の放送の様子です
2014/10/25(土)17:30~の放送の様子です
2014/10/31(金)7:30~の放送の様子です
2014/11/6(木)12:00~の放送の様子です
2014/11/12(水)17:30~の放送の様子です
2014/11/18(火)7:30~の放送の様子です
2014/11/24(月)12:00~の放送の様子です
2014/11/30(日)17:30~の放送の様子です

IMG_20141006_062931

丹波コミュニティ放送応援団

「丹波コミュニティ放送(仮称)」
への応援のお願い

当法人は、丹波市において、FM波による地域放送局、(仮称)丹波コミュニティ放送局の開局に向けて準備を進めております。現在、コミュニティFMの免許申請は、最後の関門である「地域の皆様の応援・支援がどれくらいあるか」を明らかにする段階に来ています。
そこで、コミュニティ放送局の開局に向けて、丹波コミュニティ放送応援団やラジオ番組スポンサーを募集しています。皆様から寄せられた支援の輪を背景に、コミュニティ放送局の免許を申請し取得していきたいと考えています。丹波コミュニティ放送応援団は、放送局の運営にご支援をいただく応援団で概要は下記の通りです。
つきましては、丹波市にCFM放送をつくり、たんばの情報発信や地域活性化に貢献したいと考えておりますので、皆様、丹波コミュニティ放送応援団に是非ご参加をいただき、応援・ご支援をお願いいたします。
なお、今回の申込は、「開局したら、応援・支援をします」という意思を明らかにしていただくものです。具体的な応援・ご支援を頂くのは、放送局免許を受けて以降となります。
当法人は、丹波市豪雨災害の復旧・復興にむけて情報を発信する「たんばしさいがいエフエム、(80.6MHz)」(9月17日開局、期間限定のため11月30日閉局)の運営を行いました、このノウハウを生かし開局に向け準備中ですご賛同いただければ幸いです。

1.名称   丹波コミュニティ放送応援団

2.内容   放送局の運営をご支援いただく応援団です。年度毎に更新します。
① 企業・法人・団体・グループが対象です。
企業・法人等  月3,000円×12ヶ月(毎日の放送で企業名等をお読みします)
② 特典あり。・放送局HPに応援団企業や法人として企業名等を掲載いたします。
・番組提供等で割引があります。

※(総務省近畿総合通信局申請用紙 別紙26の(18)の2に記載の上NPO法人までご連絡いただけましたら詳細説明と申請用紙を受取に伺います。

応援団申請用紙 ⇒ 利用見込み承諾書

◆お申込み・お問合せ先◆
NPO法人 たんばコミュニティネットワーク
住所:669-3461 丹波市氷上町市辺687

担当:川浦弘貴
電話090-6847-0356
メールアドレス mail@tanba.info
FAX.0795-85-3711

応援団

災害FMアンケート

丹波市災害FM放送に関するアンケート調査結果

(全123件)2015/1/2
丹波市市島町前山自治会及び前山コミュニティセンターに訪れたボランティアの皆様より11/1~1/30閉局までに無記名にてアンケートをご記入いただきました。

◎丹波市災害FM放送を被災地域では41%が聴かれていました。
◎支援物資、炊き出し、イベントや交通情報、行政からの地域密着情報が役立つ。
◎災害発生で特に停電時には携帯ラジオで聴ける地域放送が重要。

アンケート結果から、地域の皆様は防災無線や新聞、広報誌でほぼ丹波市災害FM放送をご存知でしたがボランティアで他地区から訪れた方には、まったく知られていませんでした。
災害FMをご存知の半数はFM放送を聴いていただき、さらに聴いた人の64%の方が役に立ったとの解答をいただきました。その中でも69%は地域情報が良かったとの回答を受けました。また10%が懐かしい音楽も良かったとのアンケートを得ました。

a1 a2

⇒  丹波市災害FM放送に関するアンケート123件

丹波市災害FM放送局は2014年11月30日で閉局しました

今後は丹波市コミュニテイFM放送局の開局に向けて取り組んで行きますのでご支援よろしくお願いいたします。

平成26年11月末で15才以上の人口は丹波市全域では58,860人です市内80%で受信可能として災害FMと同じ41%が聴くとすると。
19,306人に情報を伝えることができるメディアとなります。

アンケートに記入いただきありがとうございました、掲載させていただきます。

68

69

70

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

85

86

87

88

90

91

92

93

94

95

96

97

98

99

 

 

災害FM閉局イベント放送中

2014/11/30(日)13:00

只今、前山コミュニティセンターよりボランティアスタッフの番組生放送中です。
ーーー
今日で丹波市災害FM放送局も閉局となります。
お聴きいただきありがとうございました。
リスナーから丹波市にはコミュニティFM放送局が必要との暖かいご支援のお便りを多数いただき、改めて地域住民の生の声が聴こえる、地域情報が伝えられる本放送に向かって準備を進めてまいりますのでごよろしくお願いいたします。

IMG_20141130_130636

前山復興祈念祭

丹波市災害FMも今日は前山復興祈念祭「その前山(さき)へ」イベントラジオ!一日楽しんでくださいませ(^-^)v

前山復興祈念祭のイベントの様子や放送の様子

最後のボランティアスタッフ集合写真です。
最終の片付けあとでもう一枚

楽しいお祭りでは落語や手品、子どもたちもキッズコーナーで一日過ごしました。

参加者全員がひとつになった復興祭でした。

IMG_20141116_154335

IMG_20141116_132645

10624911_883765718323119_2128482590627251874_n

IMG_20141116_165358

ミキシングの基礎

11月5日(水)19:30~のスタッフ養成講座は放送機材の扱い方についてのお勉強でした。講師はゆめタウンのポップアップホールで技術担当社員の松山智行さんです。
スタジオの機材を実際に触りながら実習を兼ねた研修になりました。
540436_612327965538878_5614614459274532922_n

1234393_612328002205541_1220327482725845919_n

11月10日(月)19:30~スタッフ養成講座(ミキシングの基礎2回目)

前回の講座の復習と実習を行いました。

マイク1から3までの3本のマイクのゲイン調整からCD音楽入力調整、アナウンサーのレベルに合わせた微調整を実際のアナウンスをしながら全員で体験しました。ミキサーの必要性を改めて認識するとともに奥の深さを実感しました。

IMG_20141110_201132

IMG_20141110_203719

丹波市で唯一のコミュニティエフエム